明大生の留学体験談

文学部境純さん

  • 留学先:台湾
  • 留学種類:自主留学(語学留学)
現在4年生/留学時4年生(2015年時点)
所属 史学地理学科 アジア史専攻
滞在時期 2014年2月~2015年2月(1年間)

留学に行こうと思ったきっかけは?

高校の時からアジアに興味があって、大学でもアジア史を専攻しました。第二外国語も中国語を選んだら見事にハマってしまって、もっと勉強したいと思ったんです。何度か台湾に旅行を重ねる内、大学3年生の夏休みに一人で行った時に「ここに住みたいな」って気持ちが溢れて。就活を目前に進路にも悩んでいたので、留学するなら今しかないって思いが強まりました。学生時代の、しかも就活が始まる前の今、留学をしたいと思いました。

留学の目的は?

もともと大学に入った時から外国語を習得したいと思っていたので、中国語の勉強を1番の目的として、台湾の語学学校に留学しました。

留学前の不安

休学して行くということは1年卒業が遅れるということなので、そこまでして留学していいのかなという不安がありました。友達は就活をしているのに私は楽しい事をしに行くというのも申し訳ないし。帰ってすぐ就活が始まるのでそれも不安でした。
現地での生活に関しては、何度も旅行で訪れていたし現地に友達もいたので不安なことは何もなかったです。

不安を乗り越えてでも留学しようと思った決め手

自分の性格が、やりたいと思ったらやらなきゃ気が済まないので、今行かなかったら後悔するなと思ったんです。たとえ休学して1年遅れることになっても、今の時期を逃したらもうこんな機会は絶対にないから、今しかないという気持ちが強かったですね。

実際に留学して得た物は?

自分から動くことが大事だということに気付きました。もともとは人見知りですが、留学しているんだから友達を沢山作ろうと思っていろんなことにチャレンジして、その結果嬉しいことが沢山ありました。いくら人見知りで新しい所が怖いと思っていても、折角の留学生活なので、新しい所に行ってみれば絶対得るものがあると思います。

帰国後の自分の変化は

留学前は「分からない」と言うのは恥ずかしい事だと思っていましたが、そんなことはないと気付きました。あとは、他人と比べなくなったかな。今までは、出来ないことを認めたくない気持ちが強かったんですけど、自分と向き合う内に、ありのままの自分を見つめられるようになったという感じです。他人と比べると、他人より良かったら傲慢になっていくし、他人と比べて悪かったらどんどん卑下していっちゃう。それは意味がないと気付いて、他人は他人、私は私っていうのが頭だけでなく心でも分かるようになったらすごく楽になりました。
それと自分の意見にも自信が持てるようになりました。留学中は意見を求められることが多く、その環境に慣れる内に、批判されても私の意見はこれだと怖がらずに言えるようになりました。

留学の経験をどう活かしたいですか?

まずは日本で中国・台湾と関係がある仕事に就いてそこで数年間経験を積んで、いつかは中国語を使うような仕事に就ければと考えています。台湾にも日本にも関われる仕事に就きたいです。

留学を考えている人へ一言!

その留学が成功するかは行ってみないと分からないし、充実させるかは留学中の自分次第なので、行きたいならまず行って欲しいです。毎日充実させるぞという気持ちで過ごしていれば良いものになると思うので、是非、怖がらずに行って欲しいと思います。

境純さんの留活カレンダー

※横にスクロールできます。

明大生の海外留学ガイドBORDERLESSについての
ご意見・お問合せはこちら

明大サポート 海外留学センター
(株式会社明大サポート AcademiC Solutions事業部 国際連携課)

〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1丁目3番地1
明治大学 大学会館地下1階
TEL : 03-3518-9556 FAX : 03-5280-1505
MAIL : borderless@dummymeidai-support.com
営業時間 : 月~金 9:00~17:00