明大生の留学体験談

情報コミュニケーション学部横田龍之介さん

  • 留学先:フィリピン/イギリス
  • 留学種類:自主留学(語学留学)
現在4年生/留学時3年(2015年時点)
所属 学生プロジェクト
滞在時期 2013年9月~10月頃(1ヶ月間)/
2013年11月~2014年9月頃(1年間)

留学に行こうと思ったきっかけは?

大学2年生の時に47都道府県制覇しようと思って、京都でユースホステルに泊まって。いろんな国の人がいたので話したかったんですけど、友達とだけ喋って終わったっていう経験が悔しかったんです。その時から留学は意識し始めて、帰ってきて2~3週間後にはもう、1年間休んで留学に行こうって決めた感じですね。

留学の目的は?

宿泊施設の経営をしてみたいっていう夢があって、異文化交流の経験と、そのステップで、語学を向上させるのが目的でした。もともとその経営場所を探しに全国回っていた感じですね。

留学に踏み切れた理由

やっぱり英語を喋れないだとか、初めて1人で海外に行く不安はありました。でも、不安で立ち止まるタイプじゃなかったので、とりあえず行ってみようかな、と。とりあえず申し込んで、休学届を出して、戻れないようにして。

フィリピンとイギリスに自主的に留学した経緯を教えてください。

フィリピンは1対1で英語を勉強できるからいいよって友達に紹介されて、安かったし行ってみようかなって思って。やっぱり1対1は結構よくて、喋れるようになったと思います。寮も学校内にあって、友達もみんなそこに住んでいたから、楽しかったですね。イギリスの理由は、イギリスの発音とジェントルマンになりたいっていうちょっとした欲求と、あとはハリー・ポッター(笑)。フィリピンは楽しくてウハウハだったんですけど、イギリスは…アジア人に対する偏見とかがあって、疲れちゃって。プライドも傷つけられて…って、ちょっと異文化交流の大変さを学びましたね。協定ではなく休学して自主留学にしたのは、単に成績が足りなくて、今まで英語を勉強してこなかったのと、自分の希望とそれに合う条件がなかったからです。今思えば、協定校でいくと一緒に同世代の日本人がついてくるし、大学なので集まる異国学生も同世代ですが、語学学校だと、幅広い年齢の人と関われたなと思います。

実際に留学して得た物は?

料理うまくなりましたよ!料理がまずかったので、自分で作るようになって。豚の角煮とラザニアが人気ありましたよ。料理は、やっぱり交流のきっかけでした。

帰国後の自分の変化は

1番は、なんでも手をあげられるようになりました。今までは何か思っても黙っていたんですけど、帰ってきてからは、思ったことは結構すぐ言えるようになりました。度胸はついたなと思いますね。

留学の経験をどう活かしたいですか?

海外に出て働くよりも、日本の中で異文化交流しながら、経営のために英語力は落とさない程度に維持しつつ、将来は楽しく宿泊施設の経営ができればいいなと思います。

留学を考えている人へ一言!

自分の興味のあることからやっていけば、もしかしたら留学に繋がるかもしれないですね。僕の場合も、国内旅行ばかりをずっと考えていたので。自分の好きなことをやれば、世界に繋がるかもしれない!

横田龍之介さんの留活カレンダー

※横にスクロールできます。

明大生の海外留学ガイドBORDERLESSについての
ご意見・お問合せはこちら

明大サポート 海外留学センター
(株式会社明大サポート AcademiC Solutions事業部 国際連携課)

〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1丁目3番地1
明治大学 大学会館地下1階
TEL : 03-3518-9556 FAX : 03-5280-1505
MAIL : borderless@dummymeidai-support.com
営業時間 : 月~金 9:00~17:00