高校と大学では必要とされる辞書がこんなに違う!

[高校生モデル]

英語
●英和と和英、一冊ずつあれば充分
●高校生の定番「ジーニアス英和(G4)」の 収録語彙数は約96,000語
国語
●国語辞典は明鏡や広辞苑など
●学習の場面での使用が中心
その他
●受験生向けの教科別用語集や小辞典・ 学習用コンテンツが重宝

[大学生モデル]

英語
●研究に対応できる豊富な専門語が必須
●数十万語クラスの英和辞典が必要
●本格的な英英辞典が必要
●TOEICR、TOEFLRなどへの対策が必須
●英語によるコミュニケーションが必要
国語
●専門語や新語に対応した、最新の国語辞典や百科事典が必須
その他
●第二外国語(選択科目)の辞書が必須
●就活のためのSPI試験対策が必須
●社会用語の知識が必須

文系の学習なら!

複数の英英辞典を横断検索して、慣用表現、日常会話など、英語のボキャブラリーを増やそう!

理系の学習なら!

英語論文を読むための専門語辞典はもちろん、理工系の学習には岩波理化学辞典が必須!

電子辞書に搭載されている語彙数の違い
(英和辞典の場合)

上記ご案内は2015年度モデルです。
今回のお申し込みは2017年発売予定の最新モデルとなります!